インテリア


家に住んでてやっぱり拘りたいのは家具です。
色だったらクールに黒などの寒色系や、暖かさを演出するための暖色系。
材質だったら無機質な鉄やアルミで洗練された直線美を、木やプラスチックでアット・ホームな雰囲気を。

家具は材質や色によって表情を変えて、あなたの家に様々な変化をもたらします。
ベッド、チェスト、椅子、テーブル。
どれもこれもできるなら同じ材質や色で抑えたいものです。

中でも衣食住で、衣と住を兼ね備えているチェストには気を使ったほうがいいかもしれません。
お気に入りの服を自分で選んだおしゃれなチェストから取り出し、「今日はこの服にしよう」とサッと取り出し支度をする。
これだけで朝の気分は格別に変わってきます。
そこら辺においてある洗濯済みの服を拾って「めんどくさいからこれにしよう」ともそもそと着るのではエラい違いです。

これから分かる通り、家具の、チェストというのは外に出かけるときにおいて最初のテンションを左右する重要な役割を占めています。
かっこいい家具や衣服は人をかっこ良くする。という格言があり、こういった普段から悪く言えば気取ったことをやっていると、自然に自身が出て、背筋がしっかり伸びるものです。

What's New

2013/05/24
アンティークを更新。
2013/05/24
日本チェストを更新。
2013/05/24
害虫注意を更新。
2013/05/24
家具選びを更新。
2013/05/24
トップページを更新。